Apple Watch

【使用レビューあり】Apple Watch SEで出来ない事と出来る事と口コミを調査!!

こんにちは、ゆー(@yuyuta0916)です。

困っている人
2020年のApple Watchの発表で出たSEいいなー

価格も安くて買いやすいけど性能はどうなんだろう?

2020年のAppleの発表会でApple Watch series6とSEが発表になりましたね。

 

とくにApple Watch SEは僕の周りでも話題になってました。

 

ちなみに僕はseries5を使っています。

【使用レビューあり】Apple Watch series5をオススメできる理由と口コミを調査!!

こんにちは、ゆー(@yuyuta0916)です。 Apple Watchのseries5ってどうなんだろう? 新しいseries6も出たし古い機種だからイマイチなのかな?困っている人 Apple Wa ...

続きを見る

 

Apple Watch SEはうちの奥さんへのプレゼントで買ったんですが予想以上に良い製品でした。

 

SEで出来る事と出来ない事はどんな事なんでしょうか?

実際に使ったレビューも載せて説明していきますね。

 

【この記事の著者】

ゆー(@yuyuta0916)
家電やガジェット製品大好き。今、SNSにもハマってます。

 

Apple Watchのベルト選びで悩んでる方はこちらをどうぞ

【随時更新】Apple Watchのバンドのサイズ選びとオススメを使用レビュー付きで紹介します!!

こんにちは、ゆー(@yuyuta0916)です。   困っている人Apple Watchのバンドは数が多くて選ぶのも大変だなー 純正のバンド外でも買って大丈夫かなー?   Appl ...

続きを見る

 

Apple Watch SEの本体と付属品

こちらも使い出してからの写真なのでケーブルを縛ってしまっていますw

Apple Watch SE 40mm シルバーのスポーツベルトです。

付属品はベルト(長さが短いのと長いのが入っています)、充電ケーブルです。

 

ココに注意

Apple Watch series6とSEには電源アダプターが入っていないのでご注意ください

 

電源アダプターを持っていない方は別途購入が必要になりますので気をつけてくださいね。

 

Apple Watch SEで出来ない事

SEで出来ない事は大きく分けて4つあります。

Apple Watch SEで出来ない事

  • ディスプレイの常時点灯
  • 心電図機能(ECG)
  • 血中酸素濃度センサー
  • カラー選択の少なさと素材がアルミしかない

1つずつ説明していきますね。

 

ディスプレイの常時点灯

Apple Watch SEはディスプレイの常時点灯はありません。

2020年10月現在は常時点灯できるseriesは5と6しかありません。

 

Apple Watchは全ての機種で腕を上げた時にディスプレイが明るくなるんです。

(写真はseries5です)

SEもこのように明るくなります。

 

常時点灯ができるやつだと腕を下ろした時にこうなります。

画面が黒くなるだけで文字盤が確認できますよね?

 

SEだと腕を下ろした時にこうなります。

(写真はSEです)

画面が写真のように全て消えてしまいます。

 

常時点灯は気にならない方は全く気にならないと思います。

 

ゆー
僕は常時点灯が仕事上どうしても必要だったので常時点灯があるseries5を選びました

 

でもうちの奥さんは全く常時点灯なくても困っている様子はないのでここは好みかと思います。

 

心電図機能(ECG)

この機能はseries4以降はついている機能になりますが残念ながらSEにはついていません。

しかし2020年現在、日本ではこの機能は使えません。

厚生労働省の認可を先日取得してましたので近々使えるようになるのかもしれません。

お茶ノ水循環器内科でアップルウォッチ外来が始まってますので、近い将来にこの心電図を使って外来を受信できるようになる可能性はありますね。

しかし今すぐ必要な機能ではないかもしれません。

 

血中酸素濃度センサー

今回のseries6から血中酸素濃度が測れるようになりました。

 

ゆー
これはすごいって最初は思いました

どんどん身体のメンテナス系のツールが増えてきましたよね

 

1つ前提としてお話しておかなければいけない事はApple Watchの血中酸素濃度センサーは医療用ではありません。

 

あくまでも1つの目安として捉えた方がよいかと思います。

運動や健康管理の参考としては便利な機能ですね。

 

カラー選択の少なさと素材がアルミしかない

Apple Watch SEは素材がアルミしかありません。

ですので他の素材(ステンレスなど)が欲しい場合は対象から外れてしまいます。

 

カラーもゴールド、シルバー、スペースグレイしかありません。

同じアルミでも新色のブルーや(PRODUCT)REDはないです。

 

もともとあるベーシックなカラーで良ければ全く問題がないですが他のカラーが欲しい場合は悩ましい所ですね。

 

Apple Watch SEで出来る事

Apple Watch SEで出来る事は大きく分けて6つあります。

Apple Watch SEで出来る事

  • Apple Payでの支払い
  • ファミリー共有設定
  • iPhoneに届いた通知の確認
  • 転倒検出センサー
  • ノイズアプリ
  • 常時計測できる高度計

では1つずつ説明していきますね。

 

Apple Payでの支払い

Apple Payでの支払いにSEも対応しています。

SuicaやQUICPayでの支払いが可能です。

 

ゆー
今までiPhoneのQUICPayで支払いしていたのですがWatchでの支払いは本当に便利!!

ロック解除がサイドボタンをダブルクリックするだけで支払いが出来ます

 

今はみなさんマスクしている方が大半だと思いますので、スマホのロック解除もパスコードを入れるかマスクをずらしてFace IDで認証させるやり方の方が多いと思います。

 

Apple Watchで支払う場合は本当に楽なんです。

 

このサイドボタンをダブルクリックします。

指が汚くてすいませんw(写真はApple Watch series5です)

 

QUICPayやSuicaの支払いの画面になるので自分の使うSuicaやQUICPayなどに合わせます。

これで支払機にかざせば支払い完了です。

 

かなりスマートに支払いできます。

 

この機能はApple Watchを買ったら是非使っていただきたい機能です。

感動しますw

 

ファミリー共有設定

2020年のアップルの発表会で公開されたファミリー共有設定。

series4、5、SE、series6で使える機能になります。

 

この機能はiPhoneを持っていないお子様やご年配の方などでもApple Watchを使って通信ができるというものです。

 

簡単に説明すると1台のiPhoneで複数のApple Watchを登録できるようになる設定です。

しかも各Apple Watchに電話番号の割り振りまであります。

 

ただしApple WatchがセルラーモデルでauでApple Watch専用の契約(350円〜)をしなければなりません。

 

こちらの機能も必要ない方は全くいらない機能かもしれませんが、お子さんがいる方や離れたところにご年配のご身内がいる方はApple Watchをつけてもらうことによって安心できると思います。

 

iPhoneに届いた通知の確認

結局1番使う機能は通知かと思います。

ほとんど全てのApple Watchで備わっている機能です。

 

電話がかかってきたときの確認もできますしそのままWatchで電話に出ることもできます。

 

とくにLINEやメッセージの確認が重宝します。

僕は一番LINEの通知がありがたいですね。

 

LINEが来るとこのようなメッセージがでます。

 

iPhoneのLINEアプリで下の画像のメッセージの通知の内容表示をオンにしていればApple Watchでも文章の内容を確認できます。

 

ココに注意

メッセージの通知の内容表示をオンにするとiPhoneの待機画面にLINEのメッセージの内容が表示されてしまいます

それが嫌な場合はオンにしないでください(ちなみに僕はオンにしてません)

 

日常においてはとても便利な機能だと思います。

 

転倒検出センサー

series4以降のApple Watchで使える機能です。

 

この機能はApple Watchをつけていて転倒するとその衝撃を感知してくれます。

 

iPhoneのWatchアプリで設定します。

この転倒検出をオンにすると転倒を検出してくれます。

 

これによって転倒時に緊急連絡ができたりして意外と便利な機能です。

 

お子さんやとくにご年配のご両親などいる方は状況によってはあって良かったという機能になるかもしれません。

 

ノイズアプリ

Apple Watchは周囲の音量をdbで表示してくれます。

series4以降のApple Watchで使えます。

 

自分にとって有害な音の大きさを検知するとこのような通知がきます。

きちんと計測して教えてくれます。

 

これは僕はあまり活躍する場がないのですが。大音量にさらされやすい方は気をつける目安になると思います。

 

常時計測できる高度計

series6、SEには常時啓作してくれる高度計がついています。

うちの奥さんも使っていない機能ですが精度はかなり優秀みたいです。

 

series4以降のApple Watchにも高度計はついていたのですが今回のseries6とSEについている高度計は常時測ることができます。

 

登山する方などにはメリットがかなりある機能になりますね。

 

他のApple Watchとの比較が気になる方はこちらの記事をどうぞ。

【比較】Apple Watch series3とSEとseries6は何が違うの?オススメはどれ?

こんにちは、ゆー(@yuyuta0916)です。 困っている人Apple Watchは種類がありすぎてどれが良いかわからないよ・・・ 比較して教えてもらいたいなー この悩みを抱えてる方は結構いるのでは ...

続きを見る

 

Apple Watch SEの使用レビュー

うちの奥さんのApple Watch SE 40mm シルバーです。

 

比べてみるとこんな感じです。

左がseries5のステンレスのブラックで右がSEのアルミのシルバーになります。

大きさも当然変わりませんね。

 

アルミタイプのメリットは価格が安いのもあるのですが重さが軽いです。

ステンレスと比べるとわりと違いますよ。

 

あとはアルミは艶がないのでマットな質感が好きな方やポップな服を着る方にはステンレスのツヤがあるモデルより合わせやすいかもしれません。

 

そして何より魅力は価格で29800円(税込)です。

 

かなりお手軽な価格でApple Watchを購入できるのが最大の魅力ですね。

 

Apple Watch SEの口コミ

Apple Watch SEの口コミを拾ってきました。

 

購入して満足してる方が多いですね。

 

Apple Watch SEはプレゼントしても喜ばれますよね。

僕もうちの奥さんにプレゼントしました。

 

女性だとゴールドの色もオススメです。

可愛いすぎず素敵な色です。

 

Apple Watch SEのまとめ

Apple Watch SEの記事はどうでしたか?

まとめとしてオススメポイントを書いときます。

Apple Watch SEのオススメポイント

手頃な価格でApple Watchが買える

値段が安くてもほとんどの機能が使える

series3からの買い替えや初めてのApple Watchには最適なところ


お買い得感は半端ではないです!!

 

これは買う方多いだろうなと奥さんが使っているのをみて本当に思いました。

オススメです。

 

では、ゆー(@yuyuta0916)でした。

-Apple Watch

© 2022 ゆーゆーLIFE Powered by AFFINGER5